fc2ブログ

プロフィール

笠間社協

Author:笠間社協
手を取り合って
明るい幸せな、社会福祉。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

手づくり弁当と一緒に「オレオレ詐欺」の防犯チラシを配布しました。

 2月14日(火)に笠間警察署と笠間市社会福祉協議会が連携し、配食サービスを利用しているひとり暮らし高齢者へ、手づくり弁当と一緒に「オレオレ詐欺」の防犯チラシを配布しました。(NHKのいば6 18:10~より放映されました!)
 笠間警察署 生活安全課課長 宮河 敬様をはじめ、茨城県警察本部 刑事部組織犯罪対策課 ニセ電話詐欺対策室長の和田 健夫様より配食ボランティア「なのはな」の皆様へ、オレオレ詐欺の現状や対策としての留守番電話設定について、お話いただきました。
 訪問先では実際にボランティアの方が利用者へ手づくり弁当とチラシを配布し、利用者からも「電話に出ないよう気を付けます」など話されていました。
 今後も笠間警察署と協力し呼びかけを行っていきます。
お知らせ版用

水戸ヤクルト販売株式会社さまより寄贈いただきました

 水戸ヤクルト販売株式会社さまより体温計付きアルコール噴霧器2台をご寄贈いただきました。
 寄贈いただきました体温計付きアルコール噴霧器は、社協施設において大切に使わせていただきます。
 ありがとうございました。
水戸ヤクルト様

株式会社ダイナムさまより寄贈いただきました

 笠間市内2店舗の株式会社ダイナムさまより食料品他の商品をご寄付いただきました。
いただいた食品は生活に困窮されている方への支援に活用させていただきます。
 ありがとうございました。
ダイナム様

傾聴ボランティア養成講座(応用編)

 12月7日(水)に「傾聴ボランティア養成講座(応用編)」を開催いたしました。
 今回は、令和2年度・3年度の「傾聴ボランティア養成講座」を受講された12名の方を対象に、(公財)茨城カウンセリングセンター副理事長の永原伸彦先生を講師にお招きしました。
 
 前半は、傾聴講座・基礎編の振り返りを行い、「受け止めること」「応答の在り方」など
改めて学ぶ機会となりました。
 後半は、応用編とのことで2人1組や4人1組となり、「話す人・聴く人」を実際に
 分けて演習を行いました。
 最初は緊張していた参加者の皆さんも、演習が進むにつれ表情も柔らかくなり、ペアの方との話も弾み、和やかな雰囲気のなかで開催することができました。
 
 最後には、参加者全員で円になり振り返りを行い、「話すことの大切さ、聴くことの大切さを改めて知ることができた」「自分の身近な人の話から、聴いてみようと思った」など感想をいただきました。
 今後は、ぜひボランティアの仲間になって傾聴活動を行っていただきたいと思っております。ご講演いただいた永原先生には、大変お世話になり、ありがとうございました。

01_20221207_1808.jpg

02_20221207_1812.jpg

03_20221207_1819.jpg

04_20221207_1822.jpg

05_20221207_1827.jpg

06_20221207_1828.jpg

令和4年度 赤い羽根共同募金に関するポスター展示について(第3弾)

 赤い羽根共同募金のポスターを募集したところ、市内の小学1年生から中学3年生まで幅広く、素晴らしい167作品が寄せられました。
 集まったポスターは、より多くの方々にご覧いただけるよう、下記の日程で展示します。


 

展示期間

展示場所

1

令和41124(午後 1時から

令和412 8(午前12時まで

笠間市立友部公民館

 1階ロビー

開館時間:午前9時~午後10

休 館 日:毎週月曜日


※各施設の休館日等にご注意ください。

 

また、社協窓口においてもポスターのスライドショーを行っておりますので、ご覧ください。

2022111101.jpg

赤い羽根共同募金の推進スローガンである『じぶんの町を良くするしくみ。』をテーマに、募金をつうじて人の優しさや思いやりの心を伝えてもらうこと、また募金を使って、「この町にあったら良いな!」と思うことを描いてもらいました。是非、お近くの展示場でご覧ください。

 

社会福祉法人茨城県共同募金会 笠間市共同募金委員会


PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE